HOME > IMってなに? > IMの対象者

IMの対象者

タイミング能力は必要不可欠であり、私たちが行う全てのことの基礎であるので、全年齢の全ての人がIMトレーニングから得るものがあります。

小児

IMは多くの神経疾患に効果があります。いくつかの主な疾患の例を紹介します。

  • ADHD 注意欠陥過活動性(多動性)障害
  • 失行症/行動不全
  • 自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群、広汎性発達障害を含め)
  • 脳損傷
  • 脳腫瘍(手術や化学療法後)
  • 聴覚処理障害
  • 脳性まひ
  • ディスレクシアおよびその他読解障害
  • 言語学習障害
  • 手足の切断
  • 非言語学習障害
  • 感覚処理障害
  • 吃音
  • 脳卒中
  • 成人

    幅広い疾患の診断を受けた成人のクライアントがIMの使用の効果を得られます。

  • ADHD
  • 脳損傷
  • 脳腫瘍(手術や薬物治療後)
  • 手足の切断
  • メニエール症候群
  • パーキンソン病
  • 脳卒中
  • 節髄損傷
  • 脳の健康全般 / アスリート

  • 脳の健康全般
  • 学力向上
  • スポーツパフォーマンス
  • キャリア形成
  • IMトレーニングの動画

    メルマガ会員

    IMに関する様々なお知らせを配信しております。

    QRコードまたはこちらへの空メールでご登録ください!