HOME > プロバーダー > プロバイダー事例 > 風の谷プロジェクト

プロバイダー事例

風の谷プロジェクト

IM導入のきっかけ

インタラクティブメントロームは、発達障害や認知症予防に有効であると伺いましたが、
「リズムに合わせて身体の各部位を動かす」という点が、運動パフォーマンスの向上や転倒予防に有効であると感じました。

歩行中のつまずきは、足を振り出すタイミングのずれや足を持ち上げる高さのずれ等によって引き起こされ、これは自分自身の運動・ボディイメージのずれが影響していると考えられます。

IMトレーニングは、「身体の反応速度を高める」ことができ、「自分自身の運動・ボディイメージのずれを修正する」ことができます。
このような気付きを与えてくれるトレーニング機器は他にはないので、風の谷リハビリデイサービスでは転倒予防のためのトレーニングツールとして取り入れました。

トレーニング方法

風の谷では一人ひとりにあったIMトレーニングを取り入れています。
両手で行う方や足で行う方、座って行う方や立って行う方。
その他にも「インモーショントリガー」というインソールタイプのセンサーを用いて、平行棒内で歩きながらIMレーニングを行う方もいらっしゃいます。
IM Proはさまざまな設定が行えるので、一人ひとりに合ったトレーニングを提供することができ、無理のない範囲で継続していただけるようなIMレーニングを心掛けています。

風の谷プロジェクト

プロバイダー情報

  • 施設名
    風の谷プロジェクト
    代表者
    長谷川 由理
    所在地
    〒238‐0222
    三浦市岬陽町2‐1
    TEL:046-876-7460
    対象
    お問い合わせください
    HP
    http://kazenotani-project.com/

IMトレーニングの動画

メルマガ会員

IMに関する様々なお知らせを配信しております。

QRコードまたはこちらへの空メールでご登録ください!