HOME > プロバーダー > プロバイダー事例 > IMトレーニング西宮

プロバイダー事例

IMトレーニング西宮

IM導入のきっかけ

私は以前からアメリカのABT社の聴覚トレーニング「TLP」のブロバイダをしています。「TLP」のアメリカのプロバイダの方が、日本に来て「IM」の説明会をされるというので、講習会に参加したのがきっかけです。アメリカではセラピストの先生たちが、「IM」も「TLP」もトレーニング療法として、素晴らしいとすすめておられると聞いて、興味を持ちました。タイミングをとる練習が認知能力や運動の協調性のアップに役立つことを実感しています。

トレーニング方法

以前は、IMの機器を購入してのトレーニングはだいたい50回を目安に1クールしていました。そのあと継続をするか検討していました。スカイプ指導は最初のころは 1週間に1回のペースでした。継続の方は2週に1回のペースでスカイプ指導をしていました。現在ではその方のペースにあわせて柔軟なプログラムを作っています。

インタラクテイブメトロノームのトレーニングをして なんらかの変化や改善がみられるわけですが、すぐには実感できなくても2.3か月していくうちになんらかの変化が表れてきますね。他のトレーニングとも併用されて、いい結果がでています。

プロバイダー情報

IMトレーニングの動画

メルマガ会員

IMに関する様々なお知らせを配信しております。

QRコードまたはこちらへの空メールでご登録ください!