HOME > プロバーダー > プロバイダー事例 > AXIA

プロバイダー事例

AXIA

IM導入のきっかけ

IMトレーニングの導入に関しては、スポーツ分野でIMトレーニングを広げていきたいというIMジャパンの美馬社長から声を掛けて頂き、メンタルトレーニングとして導入することになり ました。 IMトレーニングが導入ものかを聴かせていただいた時、すぐにスポーツに必要な脳の働きを 強化できると確信しました。

トレーニング方法

トレーニング方法は、基本的にはIMトレーニングの一般的な方法と設定で行いますが、トレーニング画面の設定を利用して、目に入る情報を増やしたり、心理的な負荷が大きくなる設定でも安定したスコアを出していけるかという点を目標にして、メンタル面のコントロールを自覚したトレーニングを行って頂くようにしています。
また、競技特性によって、ボタンを叩く動作を工夫したり、タップマットを使用した方法を提案しています。

集中力とは、目の前の現実に対して予測することを継続する心理的な働きですが、IMトレーニングでは、ハイスコアを出すためには予測し続けること、予測と動作のタイミングを合わせることを高い精度で繰り返す必要があるため、スポーツに必要な予測力とその継続性、タイミング能力を向上させることができます。

人間の脳は、繰り返し行ったことが脳の働きとして強化されるようになっているので、IMトレーニングという形で予測とタイミングを合わせるという働きを継続することで、それらを効率的に強化できます。

プロバイダー情報

  • 施設名
    株式会社AXIA
    代表者
    衣川 竜也
    所在地
    〒530-0042
    大阪市北区天神橋2-3-10 サンハイム南森町405
    TEL:06-6809-3998
    FAX:06-6809-3998
    HP
    http://axia-co.com/

IMトレーニングの動画

メルマガ会員

IMに関する様々なお知らせを配信しております。

QRコードまたはこちらへの空メールでご登録ください!